環境活動レポート

基本理念

神奈川スバル株式会社は、事業活動が地域および次世代の環境に及ぼす影響を常に考え、事業活動の全領域で、省資源、省エネルギー(CO2削減を含む)、リサイクル、公害防止に配慮した活動を行い、あわせて環境汚染を未然に防止すると共に、環境マネジメントシステムと環境パフォーマンスが継続的に改善できるように推進します。これらの活動を通して、住み良い地域環境と、地球環境の実現のため、経営のあらゆる面で環境に配慮して行動します。

基本方針

この理念のもと、当社が行なう自動車および部品の販売、整備、修理、保険業務に関する事業活動が環境に与える影響を考慮し、以下の環境保全活動を推進します。

  1. 次の環境保全の重要項目に対して、環境目標を設定し取組み、必要があれば見直しを行います。
    • ①省エネルギーの推進(電力使用量、燃料使用量)
    • ②省資源の推進(水使用量、紙使用量)
    • ③廃棄物の排出抑制と適正処理(一般廃棄物及び産業廃棄物排出量削減)
    • ④化学物質管理の強化(PRTR法関連、VOC対策)
    • ⑤エコカーの積極的な販売推進
    • ⑥顧客車両の整備徹底による環境影響の低減
    • ⑦グリーン購入の推進
    • ⑧拠点周辺の清掃を積極的に行ない、地域の環境改善に貢献する
  2. 適用する環境関連の法規制、条例、及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  3. この環境方針を全従業員に周知し、教育活動を推進します。

平成29年4月1日
神奈川スバル株式会社
代表取締役社長 飯山 勝久

 

環境活動レポート

2015年4月〜
2016年3月

2014年4月〜
2015年3月

2013年4月〜
2014年3月

2012年4月〜
2013年3月

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加