4輪アライメント

4輪アライメント

AWDは常に4つのタイヤにトルクが働いています。足回りのパーツを脱着したり、使用する環境によっては前後左右のタイヤの正立状態(アライメント)に狂いが生じることがあります。アライメントの調整は3方向から、まさに3Dです。アライメントに狂いが生じるとフルタイムAWDならでは走行性能が愉しめません。

4輪トータルアライメントの測定・調整を行いスバルならではの走りの醍醐味を愉しみましょう。

アライメントは診断・調整はどんなときに必要?

1つでも当てはまる場合は4輪トータルアライメントをおすすめします。

□ ハンドルがどちらか一方へとられる。
□ ハンドルに強めなサポートが必要。
□ ハンドルのセンターがずれている。
□ ハンドルの切り込み状態や戻り方に左右差がある。
□ あるスピードになるとハンドルが振れる。
□ クルマを加速するとハンドルの向きが変化する
□ ブレーキを踏んだ時、ハンドルが振れる。

□ タイヤが片減りしている。
□ タイヤの摩耗が全体的に早すぎる。
□ 縁石などにタイヤをヒットしてしまった。
□ 側溝などへ脱輪してしまった。
□ 事故などでクルマを修理した。
□ 足回りパーツ関係を変更した。(ローダウンを含む)
□ タイヤやホイールのサイズを変更した。
□ コーナリング性能(ステア性能)をチェックしたい。

アライメントの基礎知識

キャスター【直進性に影響】

タイヤの操舵軸の前後方向の傾きを表します。クルマの横から前輪をみるとこのキングピン軸は上部がやや後方へ傾いています。この傾斜角をキャスターといい、上部が後方側に傾いているものがプラスとなります。

キャンバー【旋回性に影響】

タイヤの進行方向に対する左右の傾きを表します。クルマを正面からみると、一般にタイヤは傾けて取り付けられており、地面からの垂直線との角度をキャンバーといいます。上部が外側に開いていればプラス(ボジティプ)キャンバ一、逆に下部が開いているとマイナス(ネガティブ)キャンバーとなります。

トー【直進性に影響】

タイヤの進行方向に対する広がり、狭まり状態を表します。左右のタイヤを上方からみると、前端の間隔が後端より若干、短くなっています。この差をトーイン(単位mm)といいます。逆に前端が開いていればトーアウトとなります。一般に、ほとんどのクルマはトーインに設定されています。

アライメントの重要性

アライメントが狂うと…

走行中にハンドルを取られドライバーに負担がかかります。走行性の妨げになります。

振動がクルマの各パーツに影響を与え、不具合を進行させます。安全性の妨げになります

タイヤの偏った摩耗が寿命を縮め、燃費も悪化します。経済性の妨げになります。

四輪アライメントは、クルマの 快適性・安全性・経済性を保つ 上で重要な役割を担っています。

診断・調整の流れ

1.問診

スバル車を知りつくしたメカニックがお客様のご要望やおクルマの状態をお伺いいたします。

2.車両の現状確認

タイヤや下回りに損傷や亀裂、摩耗がないか確認し、異常があった場合には、この時点でお知らせいたします。

3.測定

おクルマを4輪アライメントテスターにセットし、現状の4輪アライメントを測定いたします。

4.調整作業

測定結果に基づき、スバル車を知りつくしたメカニックが基準値に調整いたします。(お客様からの指定値にも調整可能です)

5.調整内容のご説明

専用の診断シートを使って、調整前後のアライメント数値と調整箇所・調整内容をご説明いたします。

施工販売価格(工賃/税込)

4輪アライメント測定 19,440

4輪アライメント サービス工場と作業の模様

●アライメント設置店
・金沢店  ・新横浜店  ・綱島店 ・港南店  ・新山下店  ・厚木 ・伊勢原店
・相模原南店  ・海老名店  ・小田原店  ・泉店
※ご用命は神奈川スバル全店で承ります。神奈川スバルのお店はこちら
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加