アイサイトは次のステージへ。疲れを減らし、愉しさを深める新機能。

アイサイト ツーリング・アシスト

新型レヴォーグ・WRX S4全車に搭載

先行車と区画線をカメラで認識し、
アクセル・ブレーキ・ステアリング操作を
自動でアシスト

アイサイトの「車線中央維持」の作動領域を従来の60km/h以上から0km/h以上へと拡大。
「先行車追従操舵」を追加し、「全車速追従機能付クルーズコントロール」と組み合わせた新システムです。

運転の疲労やストレスを大幅に軽減し、 作動の正確さはもちろん、
“人の感覚”を徹底的に考え抜いた自然で滑らかな制御も実現しています。

将来の自動運転につながる大きな進化、ツーリングアシスト。
それは乗る人の愉しさと自由を深め、事故のないクルマ社会に向けた確かな一歩を踏み出します。

*1:車速の設定は必ず制限速度の範囲内で行ってください。

ツーリングアシストの機能

ツーリングアシストの機能

ツーリングアシストは、ステレオカメラで道路の区画線と先行車の両方を認識。
0km/h〜約120km/hの幅広い車速域*1で、アクセル、
ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシスト。
区画線が見えにくくなる渋滞シーンや、区画線がかすれた道、カーブなどでも、
機能をキャンセルすることなく操舵を支援し続ける、
優れたレーンキープ性能を目指しました。

*1:車速の設定は必ず制限速度の範囲内で行ってください。

あらゆるシーンでドライバーの
安全運転を支援する、アイサイトの多彩な機能。

自動ブレーキで衝突を避ける

プリクラッシュブレーキ

バックの時の衝突を避ける

後退時自動ブレーキシステム*1

前のクルマについていく

全車速追従機能付クルーズコントロール

誤操作による急な飛び出しを防ぐ

AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御*1

車線からはみ出しにくくする

車線逸脱抑制*2

“うっかり”を注意してくれる

警報&お知らせ機能

アイサイトセイフティプラス

ドライバーの認識範囲を広げ、さらなる安心をプラス。

※車種・グレードによって標準装備/メーカー装着オプションの設定が異なります。

車線変更や後退時の危険を知らせる

スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)

車体後部に内蔵されたセンサーによって、自車の後側方から接近する車両を検知。衝突の危険性があると判断した場合、ドアミラー鏡面のLEDインジケーターや警報音で注意を促します。

夜のドライブを常に明るく見やすくする

ハイビームアシスト
(自動防眩ルームミラー付)

フロントウインドゥ内側の単眼カメラが前方の光を検知し、状況に応じてハイビーム/ロービームを自動的に切り替え。※本カメラは、アイサイト用カメラとは異なります。

後ろの視界をグンと広げる

スマートリヤビューミラー

リヤゲートガラスの内側に取り付けられたカメラの映像を、ルームミラーに表示。乗員や荷物で後方視界が遮られてしまう時や、夕方や夜間・悪天候などで後方が見えにくくなる場合でも、安全な後方確認をサポートします。

前方/左前方の死角を“見える化”する

フロント&サイドビューモニター*2

フロントグリルおよび助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像を、マルチファンクションディスプレイに表示。死角を低減し、安全運転をアシストします。※フロントビューモニターを新たに追加

*1:道路に対して斜めに駐車している時など、状況によっては、後側方から接近する車両を検知しない場合や、衝突する危険のない車両を検知する場合があります。*2:走行中にマルチファンクションディスプレイを見続けるのは前方不注意の原因となります。必ず目視で前方や周囲の状況を確認しながら使用してください。

アイサイト・ツーリングアシストは、新型レヴォーグ、WRX S4に搭載。

今夏デビュー予定
先行予約受付中

●ツーリングアシストは、高速道路や自動車専用道路でのドライブをより安全・快適に行っていただくための運転支援システムです。●ドライバーがステアリング操作している状態を判定し、システムが無操作状態と判断した場合には機能を停止します。●アイサイトのご使用について重要な注意事項が記載されておりますので、ご使用前には必ず取扱説明書をお読みください。●アイサイトの詳細は、販売店にお問い合わせください。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加