SUBARUの総合安全 衝突安全

もしもの時、SUBARUはいのち を守る「かご」でありたい。

衝突安全という考え方そのものが浸透していなかった時代から、
歩行者保護をも含めた独自の研究開発を行ってきたSUBARU。
さまざまな状況で起こる交通事故に対して、どうすれば乗員の安全を確保できるのか、
どうすれば歩行者に与える衝撃を軽くできるのか…。
そのためにSUBARUは、実際に起きたさまざまな交通事故のデータを収集・分析。
さらに衝突実験などの研究・開発を続けることで独自の衝突安全性能を作り上げてきました。
クルマのすべての要素で安全性を高める独自の衝突安全思想をこれからも貫いていきます。

長い時間をかけて磨かれたSUBARUの衝突安全性能。国内外で高い評価を受けるテクノロジーを紹介します。

乗る人を包み込み、あらゆる衝撃から守る、SUBARUの衝突安全性能。

全方位からの衝撃に対応する安全ボディ。

交通事故の多くの割合を占める、クルマ同士の衝突事故。さまざまな状況で発生する衝突事故に対応し、乗る人のダメージを軽減するため、SUBARUはボディにおける総合安全性能が必要だと考えました。そこから生まれたのが、「新環状力骨構造ボディ」です。キャビンをピラーやフレーム類で“かご”のように囲み、どの方向から衝突されてもキャビンの変形を防ぐことを目指した独自の衝突安全ボディです。例えば、クルマの前面全体で障害物にぶつかる「フルラップ衝突」の場合、ボディの前部に衝撃を吸収しやすい、しなやかな構造が求められます。

SUBARUのクルマは、コンパクトな水平対向エンジンを搭載することで、「フロントサイドフレーム」をキャビンからバンパーまで左右対称かつストレートに伸ばすことができ、より有効な衝突エネルギーの吸収が可能になります。一方で、側面衝突や障害物と左右にずれた状態でぶつかる「オフセット衝突」では、“かご”のように結合されたピラーやフレームが、ボディの片側から来た強い衝撃を全体へ分散・吸収し、キャビンの変形を防ぎます。

また、インプレッサ、SUBARU XVに採用された「スバルグローバルプラットフォーム」では、従来車に対して1.4倍の衝突エネルギーにも対応できるようになりました。あらゆる部分に人を守るための工夫を施し、すべての方向における衝突安全性能をさらに高めています。

新環状力骨構造ボディ
スバルグローバルプラットフォーム

万一のための、万全の備え。

万一のための、万全の備え。

万一の事故の際、SUBARUのシートはシートバック全体でしっかりと衝撃を受け止め、乗員の身体への負荷を軽減します。追突などにより後方から衝撃を受けた場合、ヘッドレストが前方に傾き乗員の頭部を支えることで過度の後傾を防ぎ、首にかかる負担を軽減し、ムチ打ちなどを予防する「アクティブヘッドレスト」を採用するなど、細部に配慮を施しています。

また、前席には衝突時に瞬時にシートベルトを巻き取り、張力を維持することで乗員を座席にしっかりとホールドするプリテンショナー機構を装備。後部座席にはすべての座席で3点式シートベルトを採用。さらにロッキングタングを導入し、シートとシートベルトによって、乗員の衝突時にかかる体への負荷を低減しています。

さらに、万一の前面衝突時にシートベルトとの組み合わせで前席乗員の被害の軽減を図るデュアルSRSエアバッグはもちろん、側面衝突時に乗員を保護するためのSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ、一部の車種では前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグも採用。最大7つのエアバッグを装備することで、トップクラスの乗員保護性能を目指しています。

*車種によって、シートベルトの機構、エアバッグの個数が異なります。

衝撃を吸収するシート+乗員を保護するシートベルト
乗員保護エアバッグ

乗る人だけでなく、周りの人の命も守る。

長年の積み重ねが、トップクラスの安全を作る。

クルマづくりをはじめた時から、衝突安全に対する取り組みを続けているSUBARU。衝突安全という考え方そのものが浸透していなかった1960年代(日本における前面衝突時の保安基準が適用される30年近く前)から、歩行者保護を含めた独自の衝突安全試験を実施していました。また、車高や重量が異なるクルマ同士が衝突したとき、小さなクルマはしっかり自らの身を守り、大きなクルマは相手に与える衝撃を最小限にとどめ、乗員もクルマも互いを守り合うという、交通社会の“共生”にもいち早く取り組んできました。

安全がクルマの商品価値として評価される何十年も前から続く、SUBARUの衝突安全に対する真摯な取り組みは「新環状力骨構造ボディ」や、乗員へのダメージを軽減するエンジンレイアウト、次世代プラットフォームなどに結実。乗員保護はもちろん、歩行者保護も含めたSUBARUの衝突安全性能は、日本だけでなく世界中で高い評価を獲得しています。

世界で評価される安全性能

SUBARUの衝突安全性能は、世界各国の安全アセスメントで高い評価を受けていま。

世界で評価される安全性能

リアルワールドでの衝突を想定した設計思想。

前面衝突の際、重く大きなエンジンがキャビンに押し込まれ、乗員を傷つけてしまうことがあります。SUBARUが採用するBOXERエンジンは他のエンジンと比べ全高も搭載位置も低いため、キャビンの中へエンジンが押し込まれにくいレイアウトとなっています。

また、前面衝突時にエンジンが下の方に潜り込み後退する構造を合わせて採用することで高い安全性能を実現しています。さらに、前面衝突の際には、エンジンがキャビンに押し込まれることで、アクセル・ブレーキペダルが後方へ移動してドライバーの足を負傷させるケースがあります。

SUBARUはセイフティペダルによって、ペダルの後退を抑え、ドライバーの足元の空間を確保し、負傷を最小限に抑えます。実際の事故状況を想定し、あらゆる部分に細やかな配慮が施されています。

前面衝突時にエンジンが潜り込み、後退する構造イメージ

日本の交通環境に合わせた歩行者保護性能。

日本の交通事故における死亡者のうち、歩行者・自転車の割合は約50%。他国と比較すると、歩行者・自転車の死亡事故の割合が高く、世界の中でも特殊な交通環境となっています。

こうした日本の交通環境のなかで「交通事故による死者ゼロ」を目指すSUBARUは、乗員だけではなく、歩行者の保護にも注力。全高の低いBOXERエンジンはフロントフードとエンジンユニットとの間に衝撃吸収のスペースを広く確保することができます。

さらにヒンジやフードステーなどの部品も衝撃を軽減する工夫をしているほか、脚部に衝突する可能性の高いバンパー部分も衝撃を吸収する構造となっています。また、国内メーカーで初めて「歩行者保護エアバッグ*︎」を採用。歩行者とぶつかった際に大きなダメージの原因となるピラー(柱)の付け根やフロントガラスの下の部分といった硬いパーツを覆うようにエアバッグが展開して、歩行者への衝撃を緩和してくれます。すべては乗員だけではなく歩行者を含めたあらゆる安全に配慮したSUBARUならではの設計思想なのです。

*︎歩行者保護エアバッグはインプレッサ、SUBARU XVに標準装備。

交通事故死亡者の歩行者・自転車の割合 出典:国際道路交通事故データベース
歩行者保護エアバッグ
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加